2009年10月30日

仕事中です。

SN3I005000010001.jpg

ここ数日、お天気に恵まれています。
その日差しを独り占めしているかのような方が玄関に…。
今日も、お仕事頑張ってます。

ニックネーム みみ at 16:19| Comment(1) | 日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

障子と爪

SN3I004500010001.jpg

ももが気付きました。
自分の爪の使い道を…(汗)
他の猫さんたちは当たり前に使いこなしている爪ですが、ももは本能的に爪とぎ場所で爪とぎをしてるようで、扉も家族に開けてもらったりしてる人(猫)だったのに、おぼえちゃったんです。

私は今、赤ちゃんの関係で家族と別部屋にいます。
その私がいる部屋は、もとから猫出入り禁止になっているのですが、ももは私がいるから遠慮なく入ってきます。

最近、寒くなってきたので入り口の戸を閉めて寝ているのですが、夜の見回り後私のいる部屋にくると閉まってるけど、それでも入りたいもも。
はじめは手で撫でる程度でさわってた障子部分が、自分の爪で破けることに気づいたら、ここ数日は迷わず爪を立てています。(汗)

猫出入り口を作る訳にいかない部屋なので、思案中です。

しかし、入る時は障子の穴から入るのに、出るときは扉の前か、寝ている私の頭の上で鳴き要求します。
どういんだか…(汗) ┐(´⌒`)┌
ニックネーム みみ at 11:15| Comment(1) | 日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

ハブとマングース

SN3I007000010001.jpg

昨日のお昼、ウチの中にヘビがいました!!!! (≧∇≦)ノシ
我が家は田舎だけど、山の中でもないし、お隣りさんが遠い1軒家でもないのですが、何故か部屋の畳の上にいたのです(≧∇≦)
小雨や風が出ていたので戸や窓は閉めてあったのにです。一番近いのは玄関なので、そこから入ったんだろうと思います。(>_<)

最初に見つけたのは番猫見習いのもも。
細いけど、元気にニョロニョロしていれば、猫も人間もびっくりです。
家族は用事で出払っていて、私がどうしようか考えてる間に、ももは飛びかかり、くわえて部屋から出してくれました。
ももたちが玄関辺りにいる間に、町内の親戚に行ってた一番近くにいるウチのじいちゃんに連絡。
2匹のとこに戻ると、まさにハブとマングースのように、にらみをきかせながらの双方の出方待ちをしているところ。
トグロを巻いて威嚇しながら、ももから目をはなさないヘビと、そのヘビの回りをグルっと回りながらタイミングをはかってるもも。
攻撃を仕掛けたのは興奮したもも。
止める私の声など届かず、かみ攻撃を続ける。
ヘビは抵抗をしながらスキを狙い脱走、命からがらトイレの戸の隙間からトイレの中へ。
尻尾だけ出ていたので、見つめるもも。
そこへジイちゃん登場。(ToT)

後は手際よく、傷ついたヘビを棒に絡ませ外へ。
ありがとう、じいちゃん(ToT)

私は床についたヘビの血を拭き取り、一安心して深呼吸。ふとトイレの方を見ると、まだあきらめていない方が…(汗)
写真の状態がしばらく続きました。

ヘビが家に入ったのは10年くらい前に、飼い猫のオスがくわえてお持ち帰りをした以来。その時もみんな出かけていて私だけ…。
もうー、ヘビさん。外でおとなしくしててください。お願いしますよ〜(≧∇≦)。

今回、ももがいたからその部屋だけですんだけど、いなかったら…、気付かなかったら…と思うと赤ちゃんもいるしゾッとします。

今回のいきさつをパパに話し相談した結果、ももの肩書きを「番猫」に昇格することになりました。
おめでとう! そして、ありがとう!

今日も、いつもの見張り台で勤務中のももです。\(^-^)/
ニックネーム みみ at 10:05| Comment(1) | 日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

姉と妹

SN3I004000010001.jpg

猫と赤ちゃんの生活がはじまり2ヶ月半たちました。
ももが赤ちゃんをいじめるとかの心配はしてなかったけど、予想以上にしっくりいってます。
はじめの内はドキドキおろおろして遠巻きに見てたももも、今では普通に赤ちゃんに接しています。(汗)

赤ちゃんが泣くとそばに行ったりしながら私に教えたりすることもあります。
おっぱい後のミルクをもももおぼえ、哺乳瓶などが置いてある所に行ったりと、本人なりにお世話をしているようです。

やっぱり女の子なんですね。
ニックネーム みみ at 16:54| Comment(2) | 日記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする