2008年10月22日

朝、霧の日は。

image/sabineko-2008-10-22T10:20:21-1.jpg

朝、霧が出ていました。
私自身器官が弱いせいか、室内にいても霧が出ると、喉が痛かったり、霧の味がして、ガラガラ声で起きることもあります。
症状は霧が晴れれば、すぐ良くなるんですけどね。
子どもの頃からすれば体も丈夫になりましたが、霧の朝は未だに苦手です。

しかし、朝霧が出るということは、その日晴れるということ。
その日差しを存分に浴びている方が、私の帰りを出迎えてくれました。

「お帰りでちゅ〜。」

ニックネーム みみ at 10:20| Comment(1) | 日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寝転がって、お留守番&お出迎えですか、ももちゃんわーい(嬉しい顔)
霧がでると晴れるのですか?ひとつ勉強になりました。温かい地域に住んでいるので朝霧というのは、日常で体験したことがないのです。そういえば、昔、マラソンやトライアスロンの大会遠征で富士や長野に宿泊した際に、朝霧が出ておりました。確かに、その日は快晴でした!なるほど、そういう事だったのかひらめき
みみさん、お体大事にしてくださいね。
Posted by nyanmyupurin at 2008年10月27日 21:57