2007年03月02日

レッスン2「しかもいる」

新潟弁で「しかもいる
これは、「たくさんいる」「多くの」などといった意味で使われます。
発音は「歯科」ではなく「鹿」と同じく「か」を強く発音します。

例)「あそこの店行ったら、知ってるもんがしかもいてビックリしたて。」
訳)「すぐそこの店へ行ったら、知り合いが沢山いてビックリしましたよ。」

といった使い方をします。
だから、設定場所が変わると、

例)「山も海も、しかもいるてぇ。」
訳)「山にも海にも、沢山の人がいましたよ。」

となり、新潟県にはあっちもこっちも鹿だらけということになります。(笑)
新潟で「しかもいたてぇ」と聞いても、慌てずにお過ごしください。

また、次回の新潟弁更新でお会いしましょう。(^o^)/

寝てる…。(^^;01.JPG
顔(汗)「もも、しかもねているんだから。もう起きたら?」

寝てる…。(^^;02.JPG
猫「Zzz」

ニックネーム みみ at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 新潟弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お国言葉は、本当に分からない言葉が多いですよね。私は遠州弁なので、これもまた変な言葉が多くて遠州地方にお住まいでない方みたらおかしな言葉があると思います。でも、どれが変かって考えたら普段何気なく使っているから咄嗟に思いつかない(汗)。
「しかもいる」が「多くの」とか「たくさんいる」とは結ぶつきにくいです。「しかもいる」は“さて、どんな意味でしょう?”って言われたら何かヒントをくださいって感じです(笑)。
Posted by nyanmyupurin at 2007年03月06日 21:27
(^o^)/ nyanmyupurinさん
同じ県でもだいぶ違う言葉があり、びっくりしますよね。
同県に嫁いだのに、はじめに大変だったのは言葉でしたね。何か質問されてもその言葉、方言の意味を聞いてから答えるというのが、実は今も続いています。(^^;
使っているほうはいつもの言葉だから苦なく、支障ないんですよね。わかりますよ。
今度、クイズだそうかな。
Posted by みみ→nyanmyupurinさん at 2007年03月07日 13:48
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/738179
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック