2007年03月16日

レッスン4 「ととまめ」

新潟弁で「ととまめ」
これは、イクラ(鮭の子)のことです。
「とと」=「魚」、「まめ」=「豆」
の意味だと言えばわかるでしょうか。

例)「この のっぺの ととまめも、うんめねぇ。」
訳)「この煮物のイクラも美味しいですね。」

といった感じでしょうか。

「のっぺ」とは、新潟の郷土料理の煮物です。
(材料は各家庭にもよりますが)
里芋、鮭、人参、貝柱、銀杏、蒲鉾などが入った煮物に
ととまめ(イクラ)を飾るように盛り付けたものです。
これは祝い料理なので、お正月や、祝いのお膳などで食べます。
煮物といっても冷たい状態で食べるんです。

他に、新潟では「すじこオニギリ」があります。
コンビニでも売っています。
しかし、他県の方からは、とっても珍しがられるんですよね。
新潟にお越しの際は、コンビニで探してみてください。

では、次回の新潟弁更新でお会いしましょう。(^o^)/

肉球と爪…(−−;.JPG
顔(汗)「ももまめ……あ、爪が!」

ニックネーム みみ at 11:45| Comment(5) | TrackBack(1) | 新潟弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の産まれは北海道です。
祖母が青森・・・なので、筋子はなじみの食材なのに関東圏はスーパーにあんまり置いてないです。私はイクラよりも好きですよ〜るんるん
のっぺというのは初めて耳にしました!のっぺい汁とは違うのですね?メデタイ料理とな鏡餅気になります。さびさびタップリなももまめさんも黒ハート
Posted by nag at 2007年03月17日 00:26
こんにちは〜(^o^)丿
「ととまめ」=いくら。
へぇ、大阪でも使ってみようかしらん、
ももちゃん、ちょっと爪が伸びてきました、ももちゃんはちゃんと爪きりさせてくれますか?
うちは爪を切る時はそりゃあもう大変です。
前記事で、ももちゃんみみさんの帰ってくるのを待ってるのが、とてもかわいいですね。
Posted by cyacya at 2007年03月17日 16:15
(^o^)/ nagさん
北海道に青森、海の幸満喫ですね。
首都圏など少し内陸に入ると、スーパーに並ぶ食材が変わりますよね。
私も筋子大好きです。(^^
「のっぺ」は確かに汁っぽいし、人によっては「のっぺい」や「のっぺぇ」と発音します。
新潟ではどちらでも通じるかと思います。とろっとしてて美味です。
ももまめの味は保障できませんが…。(笑)
Posted by みみ→nagさん at 2007年03月19日 12:31
(^o^)/ cyacyaさん
ども〜。
大阪で何人の方がわかるか楽しみですね。
爪はパパの担当です。(勝手に決めてますが…)
パパは先住猫の経験から体でガシッと押さえつけ、逃げれない状態で行います。
ももも普段から鳴かないのでそんな時も黙って固まってます。
でも、普段から足先の、のの字マッサージをしているので、いじられてもあまり気にしませんよ。…多分…。
cyacyaさんち相当暴れますか?
Posted by みみ→cyacyaさん at 2007年03月19日 12:38
お邪魔します☆いつも密かに楽しませてもらってます。これからも更新楽しみにしています。それにしてもいつ見ても可愛いなぁ…
Posted by 駒込の美容院 at 2011年03月02日 18:33
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/771707
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ちらし寿司レシピ
Excerpt: ひな祭り料理のブログです。簡単で子供が大喜びの、ひな祭り料レシピが有ります。ひな祭り定番のちらし寿司、季節料理、伝統料理、もてなし料理の作り方まで、ひな祭りにぜひどうぞ。
Weblog: ひな祭り料理辞典
Tracked: 2007-08-07 23:08